【日産・ノートe-POWER】vs軽デイズ・ルークスターボ比較対決!どっち?

下取りは必ず無料一括査定サイトで!

クルマを安く買うには、

下取りは必ず

確かな無料一括査定サイトで!

ディーラーで30万円の下取り車が、

買い取り業者では80万円になることも

多くあります。その差50万円!

一括査定サイトを利用すると、

大手下取り会社の最大10社が、

あなたのクルマで価格競争をします。

だから、あなたのクルマ価格は上がるのです。

日産・ノートe-POWERは、2019年はトヨタ・プリウスに首位を渡した(12万5587台を販売)と言っても、コンパクトカーでは第2位の11万8472台の販売台数を誇ります。

では、2019年の軽自動車の販売人気が増大する中、5年連続首位のホンダ・N-BOX(23万3500台を販売)に対して、第4位につける日産・デイズは15万7439台の販売台数ですから、ノートもプリウスも上回ります。

ちなみに、第2位はダイハツ・タントの17万5292台、第3位はスズキ・スペーシアの16万6389台ですから、いかに軽自動車が人気があるかがわかります。

いずれも人気の日産コンパクトカー代表のノートe-POWERと、日産軽自動車代表のデイズ・ルークスについて、徹底比較を行ってみました!

【日産・ノートe-POWER】vs 日産・デイズ・ルークスターボ

徹底比較にあたり、走行に十分な2WD駆動方式で、家族で安全に遠出ができるように、自動ブレーキやプロパイロット機能、そして純正ナビを装備した下記の仕様に設定しました。

【日産・ノートe-POWER】X Vセレクション(2WD)

メーカー希望商売価格:219万6,700円/標準色のボディカラーは、強くも優しい女性らしさをイメージしたピンクナデシコ(+0円)を選定。

引用:https://www3.nissan.co.jp/

【日産・デイズ】ルークス・ハイウェイスターX ターボ(2WD)

メーカー希望商売価格:107万2,800円/標準色のボディカラーは、きらめくピンクゴールド(+0円)を選定。

ターボを搭載してアクセルオンからのもたつき感を払拭しましょう。

引用:https://www3.nissan.co.jp/

【日産・ノートe-POWER】vs デイズ・ルークス Xターボ/サイズ

日産・ノートe-POWER(X Vセレクション)とデイズ・ルークス Xターボのサイズ比較をご覧ください。

外観サイズではコンパクトカーの日産・ノートe-POWER(全高1,520mm)よりも、軽自動車の日産・デイズ・ルークス(全高1,775mm)の方が、全高が高いことがわかります。

日産・デイズ・ルークスを立体駐車場に駐車する際は、1,550㎜の高さ制限に引っかかる駐車場には注意が必要です。

でも、最低地上高150mmのデイズ・ルークスのほうが、ノートe-POWER(最低地上高130mm)より20mm高く、乗り降りがし易そうです。

では室内広さを見てみましょう。

日産・ノートe-POWERの室内

引用:https://www3.nissan.co.jp/

日産・デイズ・ルークスの室内

引用:https://www3.nissan.co.jp/

室内幅はノートe-POWERの方がデイズ・ルークスよりも50mm(=5cm)広いですが、室内長はノートe-POWER(2,065mm)よりもデイズ・ルークス(2,235mm)の方が、70mm(=7cm)も広いことがわかります。

室内高もデイズ・ルークスの方がノートe-POWERよりも145mm高く、室内はデイズ・ルークスの方がが広い!ということが、スペックでわかります。

デイズ・ルークスのハンズフリー/リモコンスライドドア(助手席側のみ)も、室内へのアプローチをより快適にしてくれます。

ハンズフリー/リモコンスライドドアは、両手がふさがっていても、クルマの下に足をかざせば、スライドオープンしてくれる機能です!

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/roox/interior/utility.html

小回りと乗り心地

小回りに関係する最小回転半径では、ノートe-POWER(5.2m)よりもデイズ・ルークスの方が小さい(4.7m)ですので、デイズ・ルークスの方が小回りが利いて運転し易そうです。

また、デイズ・ルークスが劣る点として、軽自動車の規格によってホイールベースが短い(デイズ・ルークス、2,430mm)ので、段差を乗り越える際の乗り心地は、2,600mmのノートe-POWERの方が、より良いといえるでしょう。

ノートe-POWERの後方収納スペース

引用:https://www3.nissan.co.jp/

デイズ・ルークスの後方収納スペース

引用:https://www3.nissan.co.jp/

ノートe-POWERではベビーカーをたためば収納することが可能ですが、軽自動車のデイズ・ルークスの後方収納は1mを超える開口高さ(1080mm)が大きく貢献して、ベビーカーをたたまずにして収納できるスペースが確保されています。

サイズの比較対決は、室内と収納をの広さを考慮して、デイズ・ルークスの勝ちです!

【日産・ノートe-POWER】vs デイズ・ルークスXターボ/走行性能

クルマの基本的な性能のひとつ、走行性能をついて比較してみましょう。

公平に比較する為、速く走るためのパワーと、加速に必要なトルク、そして車両重量を加味してみました。

では、ご覧ください。

車重1㎏あたりのパワー(馬力)と最大トルクに換算して着目してみると、ノートe-POWER(X Vセレクション)は、デイズ・ルークスに対してパワー(馬力)は1.3倍以上、トルクは2倍以上であることがわかります。

また、デイズ・ルークスがアクセルオンから3000回転で98N・mの最大トルクを得るのに対し、ノートe-POWERは停止状態から254N・mの最大トルクを発揮できることがわかります。

これは(ターボをもってしても)ガソリンエンジンは回転数があがらないと出力が上がらない特性(デイズ・ルークス)であることに対して、ノートe-POWERは電気モーター100%で駆動するからという構造に起因しています。

電気はとても速くエネルギーに変換できることと、回転数ゼロ(停止状態)から最大トルクを発揮できるので、ノートe-POWERの爆発的な加速がスペックから読み取れます。

さらに一瞬一瞬ごとの、きめ細やかなトルク制御を得意とする電気モーター特性によって、最適に制御されたトルクパワーが、タイヤが空転するスリップロスを最適に低減することも予測できます。

この特性は加速特性のみならず、ブレーキ時の減速特性にも応用されることから、強力なブレーキ性能にも反映されます。

走行性能はノートe-POWERの勝ちです!

【日産・ノートe-POWER】vs 日産・デイズ・ルークスターボ/安全性能

コンパクトカーよりも、さらに小さいのが軽自動車?というイメージが色濃い軽自動車ですが、誰もが遭遇し得る、事故に対する安全性能について、比較してみましょう。

【日産・ノートe-POWER】vs 日産・デイズ・ルークスターボ/衝突安全性能評価

両車の衝突安全性能に関する評価をご覧ください。

ノートe-POWER Xの衝突安全性能

乗員保護性能評価:81.04点、歩行者保護性能評価:81.27点

総合評価:162.3点

※ノート Xの試験結果を引用

引用:http://www.nasva.go.jp/mamoru/car_detail/152

デイズ・ルークスの衝突安全性能

乗員保護性能評価:74.57点、歩行者保護性能評価:81.01点、PSBR評価:4点

総合評価:159.5点

引用:http://www.nasva.go.jp/mamoru/car_detail/152

総合評価ではノートe-POWER(162.3点)と、デイズ・ルークス(159.5点)で、僅差に思えます。

でも、デイズ・ルークスにはPSBR(運転手以外へのシートベルトリマインダー)機能評価が追加されての、同等評価となっています。

実際、乗員保護性能評価は、デイズ・ルークスは運転席と助手席の衝突安全評価レベル3~レベル4であるのに対して、ノートe-POWERはがレベル5ですので、運転席と助手席の衝突評価は、ノートe-POWERの方がが高くなっています。

では、事故を未然に防ぐ予防安全性能はいかがでしょう?

【日産・ノートe-POWER】vs 日産・デイズ・ルークス ターボ/予防安全性能評価

両車の予防安全性能評価をご覧ください。

ノートe-POWER Xの予防安全性能

ASV+++(2018年、122.3/126点)

引用:http://www.nasva.go.jp/mamoru/active_safety_search/list_search_nissan.html

デイズ・ルークスの予防安全性能

ASV+++(2018年、93.2/126点)

ノートe-POWERとデイズ・ルークスいずれも同じA+++ですが、運転席側が狭い軽自動車という規格の中でデイズ・ルークスは、めいっぱいの広さを追求しつつも、極限までの安全性能を意識して設計している様子が伺えます。

特に運転席と助手席の安全性能がノートe-POWERよりも数値が落ちる分、予防安全性能の装備、乗員全員の正しいシートベルト装着が、ノートe-POWERの安全性能と互角に勝負できる条件となります。

ノートe-POWER Xとデイズ・ルークスの安全性能に関する名勝負は、総合得点で両車引き分けとします。

【日産・ノートe-POWER】vs 日産・デイズ・ルークスターボ/価格と装備

比較対決は、いよいよ大詰めです。

オートクルーズと安全装備を網羅した両車の価格比較をご覧ください。

ノートe-POWER X Vセレクションの総支払額258万6,052円に対して、デイズ・ルークスXターボは206万2,602円となり、ノートe-POWERよりも52万3,450円安いという結果になりました(2月登録)。

改めて、上記価格に含まれる、それぞれの装備内容をご確認ください。

項目

ノートe-POWER X

Vセレクション

デイズ・ルークス

Xターボ

充実装備 インテリジェント クルーズコントロール+インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)+ステアリングスイッチ(クルーズコントロール、オーディオ、ハンズフリーフォン)

スーパーUVカットグリーンガラス〈フロント〉

IRカット&スーパーUVカット断熱グリーンガラス〈フロントドア〉
プライバシーガラス(UVカット断熱機能付)〈リヤドア、リヤサイド、バックドア〉

インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物 検知機能付)

ヘッドランプオートオフ機構

UVカット断熱プライバシーガラス〈リヤドア、リヤクォーター、バックドア〉

ディスプレイ付自動防眩式ルームミラー
IRカット&スーパーUVカットグリーンガラス〈フロント〉
IRカット&スーパーUVカット断熱グリーンガラス〈フロントドア、フロントクォーター〉

アラウンドビューモニター

視界 ハイビームアシスト

フロント車速感知無段間けつ式ワイパー
リヤ間けつ式ワイパー
熱線リヤウインドウ(タイマー式)

LEDヘッドランプ(ロービーム、オートレベライザー付、プロジェクタータイプ、LEDポジションランプ付)
インテリジェント オートライトシステム(フロントワイパー連動、薄暮れ感知「おもいやりライト」機能付)
サイドターンランプ付電動格納式リモコンカラードドアミラー

インテリジェント ルームミラー(インテリジェント アラウンドビューモニター表示機能付)

ハイビームアシスト

フロント車速感知間けつ式ワイパー
リヤ間けつ式ワイパー(リバース連動付)熱線リヤウインドウ

LEDハイマウントストップランプ
LEDリヤコンビネーションランプ
LEDヘッドランプ(LEDポジションランプ、オートレベライザー付)
オートライトシステム(ワイパー連動)
サイドターンランプ付電動格納式リモコンカラードドアミラー(ドアロック連動自動格納機能付)

フォグランプ

運転席まわり ステアリングスイッチ(オーディオ、ハンズフリーフォン)
パワーウインドウ〈フロントドア・リヤドア〉(運転席:ワンタッチ〔アップ・ダウン〕、挟み込み防止機構付)
マップランプ
フィニッシャー ステアリング
フィニッシャー センタークラスターサイド
車速感応式電動パワーステアリング
チルトステアリング
燃料残量警告灯
ヘッドランプ消し忘れ&キー忘れ警報
パーキングブレーキ戻し忘れ警報
半ドア警告灯〈フロント、リヤ、バックドア〉
フューエルフィラーリッドオープナー
電源ソケット(DC12V)
フットレスト
集中ドアロック(バックドア連動)
運転席パワーウインドウスイッチ照明
キー連動室内照明システム
ルームランプ
サンバイザー(運転席:カードホルダー付)
電制シフト
プッシュパワースターター(e-POWER専用ブルーLED)
インテリジェントキー(運転席・助手席・バックドア感知、作動確認機能付、キー2個)
e-POWERモードスイッチ・インジケーター
e-POWER専用ファインビジョンメーター(パワーメーター、エネルギーフローメーター、トリップ燃費表示機能、燃費表示機能、バッテリー残量計、オド・ツイントリップメーター、デジタル時計、航続可能距離、サービスインターバル)
運転席・助手席バニティミラー
フィニッシャー センタークラスター
フィニッシャー エアコン吹き出し口
フィニッシャー シフトベース
フロントカップホルダー(2個)
インストアッパーボックス
グローブボックス
センターコンソールボックス
パーキングブレーキサイドポケット
電動パワーステアリング
インストシフトノブ
パワーウインドウ(運転席:ワンタッチ、キーオフ後作動、挟み込み防止機構付)
集中ドアロック
フットレスト
足踏み式パーキングブレーキ(フットリリース式)
チルトステアリング
電源ソケット(1個)
ファインビジョンメーター(エコドライブインジケーター付)
タコメーター
フロントドアポケット(ボトルホルダー付)
リヤトリムポケット(ボトルホルダー付)
カップホルダー〈フロント2個〉
グローブボックス
インストポケット
インストアッパーボックス(リッド付)
本革巻ステアリング
プッシュエンジンスターター
インテリジェントキー(運転席・助手席・バックドア感知、キー2個)
メーター内車両情報ディスプレイ
コンフォートフラッシャー
前席サンバイザー 運転席・助手席:バニティミラー、チケットホルダー付
オーバーヘッドコンソール
空調 外気温度計(メーター内ディスプレイ)
クリーンフィルター
オートエアコン(プッシュ式、デジタル表示)オーディオ/ナビ
フロント2スピーカールーフアンテナ(可倒式)
オーディオレス
日産オリジナルナビ取付パッケージ(リヤ2スピーカー、GPSアンテナ、TVアンテナ、TVアンテナ用ハーネス)
外気温度計(メーター内ディスプレイ)
オートエアコン(タッチパネル式、作動確認機能付)
高性能エアコンフィルター(花粉・黄砂・PM2.5対応タイプ)「ナノイー」搭載リヤシーリングファン
オーディオ/ナビルーフアンテナ(可倒式)
オーディオレス 4スピーカー〈フロント2スピーカー+リヤ2スピーカー〉
日産オリジナルナビ取付パッケージ(ステアリングスイッチ、GPSアンテナ、TVアンテナ用ハーネス)

内装

ドアトリムクロス トリコット〈フロントドア〉
ラゲッジサイドフック(2個)
リヤドアポケット(ボトルホルダー付)
メッキインナードアハンドル
アシストグリップ
ラゲッジルームランプ
フロントドアポケット(ボトルホルダー付)
シート
運転席シートリフター(ラチェット式)
リヤ可倒式シート 6:4分割
前席上下調整式ヘッドレスト
後席上下調整式ヘッドレスト(3個)
シート地 トリコット
ルームランプ(マップランプ兼用)
ラゲッジランプ
可倒式アシストグリップ〈助手席、後席両側〉
乗降用グリップ〈後席両側〉
助手席シートアンダーボックス(スライド式)
ラゲッジアンダーボックス
バックドアインサイドグリップ
シルバーフィニッシャー センタークラスターサイド
パワーウインドウスイッチベース(ピアノ調・シルバー加飾付)
買い物フック〈インパネ、運転席シートバック〉
断熱ルーフ
ロールサンシェード〈後席〉
助手席シートバックテーブル(買い物フック付)
ドアトリムクロス エボニー〈G〉
シルバーフィニッシャー エアコン吹き出し口〈サイド部〉
シルバーフィニッシャー センターベントノブ
シルバーフィニッシャー ステアリング
シルバーフィニッシャー シフトノブ&ボタン(メッキ)
インサイドドアハンドル(メッキ)
シート
上下調整式ヘッドレスト〈前席〉
前席ベンチシート
前席アームレスト
運転席シートリフター
撥水シート
後席可倒式シート(5:5分割、スライド、リクライニング、ダブルフォールディング)
スピード消臭シート
シート地 スエード調クロス(エボニー〈G〉)
外装 アウトサイドドアハンドル
e-POWER専用外装 フロントブルーグリル
e-POWER専用外装 e-POWERエンブレム
ドアサッシュブラックアウト
タイヤ応急修理キット(スペアタイヤレス)
カラードアウトサイドドアハンドル
スライドドアオートクロージャー〈両側〉
タイヤ応急修理キット(スペアタイヤレス)
ドアサッシュブラックアウト
リモコンオートスライドドア〈助手席側〉
フロントエアロバンパー
サイドシルスポイラー
ルーフスポイラー
安全装備 ヒルスタートアシスト
フロント&バックソナー
車両接近通報装置
エンジンイモビライザー(国土交通省認可品)
スタビライザー〈フロント、リヤ〉
前席ロードリミッター付プリテンショナーシートベルト
全席ELR付3点式シートベルト
前席上下調整式シートベルトアンカー
運転席シートベルト非着用時警告灯&警告音(シートベルトリマインダー)
ブレーキアシスト
ELR付3点式シートベルト〈全席〉

前席:2ステージロードリミッター付ダブルプリテンショナーシートベルト
上下調整式シートベルトアンカー
運転席・助手席シートベルト非着用時警告灯&警告音(シートベルトリマインダー)
ISO-FIX対応チャイルドシート用アンカー〈後席〉
チャイルドセーフティドアロック
ヘッドランプ消し忘れ警報
パーキングブレーキ戻し忘れ警報
キー忘れ警報
燃料残量警告灯
半ドア警告灯
スタビライザー〈フロント〉
歩行者障害軽減ボディ
LDW(車線逸脱警報)
ブレーキアシスト
アイドリングストップ
SRSエアバッグシステム〈前席〉
SRSサイドエアバッグシステム
インテリジェント エマージェンシーブレーキ
踏み間違い衝突防止アシスト
VDC(ビークルダイナミクスコントロール[TCS機能含む])
ABS(アンチロックブレーキシステム)
EBD(電子制御制動力配分システム)
ヒルスタートアシスト
イモビライザー(国土交通省認可品)
エマージェンシーストップシグナル

その他 寒冷地対応バッテリー

【日産・ノートe-POWER】vs 日産・デイズ・ルークスターボ/まとめ

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/dayzroox.html

両車の比較対決の結果は以下の通りとなりました。

1.サイズの比較対決

軽自動車という規格いっぱいまでの室内空間と収納スペースの充実で、デイズ・ルークスターボの勝ち!

2.走行性能の比較対決

駆動系は電気自動車100%で、デイズ・ルークスターボの1.3倍以上の最大馬力と、2倍以上の最大トルクでノートe-POWER X Vセレクションの勝ち!

3.安全性能の比較対決

軽自動車の制限いっぱいで、極限までノートe-POWER X Vセレクションに近づけた安全性能を持つデイズ・ルークスターボのスペックにて、両車引き分け!

4.価格と装備の比較対決

充実装備と、快適空間と安全性能を装備した軽自動車に、ターボの走行性能を追加しても、ノートe-POWER X Vセレクションよりもおよそ53万円も安い日産・デイズ・ルークスXターボの勝ちです!

結果は、2勝1敗1分けで日産・デイズ・ルークスXターボの勝利と致します!

ちなみに、価格差のおよそ53万円を燃費の差で比べた場合、1リットル140円のレギュラーガソリンで、年間12000kmの走行距離で換算すると、単純計算でノートe-POWER(34.0km/L)とデイズ・ルークス・Xターボ(22.0km/L)では、4年乗ってはじめてノートe-POWER Xの方がお得になるという計算になります。

ですが、ノートe-POWERの搭載バッテリーが小さいので、遠出で距離を稼いだ場合、ノートe-POWERは電気モーター駆動ですので、時速100kmでは燃費が低下する一方、高速の低燃費走行を得意とするガソリンエンジンのデイズ・ルークスの方が、燃費が良くなる可能性があります。

まとめると、4人家族で出かけるクルマとしてデイズ・ルークスを購入する場合は、毎日の走行にストレスを感じさせないターボの選択と、万が一の事故に備えた充実の安全装備の選択を推奨します。

それから、運転手だけでなく、乗員全員のシートベルトの装着もお忘れなく!

アイキャッチ画像引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/exterior.html

【欲しい新車】値引額から50万円安く買う方法

新車は、毎年の厳しい規制に適合しなければ売り出せません。ですから、自動車メーカーの必死な努力で、古い車よりも新車の方が低燃費で、維持費や税金が安くなる傾向にあります。

でも、いざ新車を求めてディーラに行くと…

・え?…予想以上に値段が高い…

・え?…頭金が必要…

・むむぅ…ボーナス払いは心配だな…

・ふぅ…どこのディーラーも同じかぁ…

・このセールスマンの売り込みキッついな…

・とにかく安く買いたいなぁ…

・値引き交渉って苦手なんだよねぇ…

悩みは尽きません。

ネット検索しても、良くわかりません。

家族もありきたりの答え…。

 

今のあなたに必要な答えを教えします。

新車を買うなら、

下取りよりも買取りです!

下取りは必ず無料一括査定サイトで!

クルマを安く買うには、

下取りは必ず無料一括査定サイトを利用しましょう。

ディーラーで30万円の下取り車が、買い取り業者で80万円になることも多くあります。

一括査定サイトを利用すると、大手下取り会社の最大10社が、あなたのクルマで価格競争をします。

だから、あなたのクルマ価格が上がるのです!

'; } } })();