【日産・ノートe-POWER】 ボディー色と色見本コード。簡単手入れも紹介!

下取りは必ず無料一括査定サイトで!

クルマを安く買うには、

下取りは必ず

確かな無料一括査定サイトで!

ディーラーで30万円の下取り車が、

買い取り業者では80万円になることも

多くあります。その差50万円!

一括査定サイトを利用すると、

大手下取り会社の最大10社が、

あなたのクルマで価格競争をします。

だから、あなたのクルマ価格は上がるのです。

田んぼからの虹

スポンサーリンク

【日産・ノートe-POWER】人気のボディ色は?

2016年11月、トヨタのプリウスとアクアが盛んなクルマ業界に、突如現れた日産・ノートe-POWER。発売直後から2016年下半期コンパクトカー販売台数1位に急浮上し、2017年コンパクトカー販売台数1位獲得、そして2018年上半期に販売台数1位への大躍進と、日本で一番売れているクルマブランドを確立しています。

まずは、ノートe-POWERの全グレードカラーを見てみましょう。

グレード 選べるボディカラー
ノート

e-POWER S

ブリリアント

シルバー

ブリリアント

ホワイトパール

ホワイト
ノート

e-POWER X

ノート

e-POWER

MEDALIST

※ブラックアローはスーパーブラック以外はツートン

ガーネット

レッド

プレミアム

コロナ

オレンジ

サンライト

イエロー

ギャラクシー

ゴールド

オリーブ

グリーン

シャイニング

ブルー

ナデシコ

ピンク

インペリアル

アンバー

■スーパー

ブラック

ダーク

メタル

グレー

ブリリアント

シルバー

ブリリアント

ホワイト

パール

ホワイト 

ノート

e-POWER

NISMO

ガーネット

レッド

■スーパー

ブラック

ダーク

メタルグレー

ブリリアント

シルバー

ブリリアント

ホワイト

パール

日産・ノートe-POWERに用意された色は全部で13色。ただし、ノートe-POWER SやNISMO仕様では選べない色もあります。

また、特別塗装色はプラス価格(+37,800円~48,600円)ですので、注意して下さい。また、ノートe-POWER XとMEDALISTには、ブラックアロー仕様という黒を基調とした専用ツートンカラーが用意されています。是非、ご自身のお好みのカラーを創造して見て下さい。

スポンサーリンク

【日産・ノートe-POWER】人気のボディカラーBEST5

黄、白、緑、赤、青の画鋲

早速、人気のボディカラーランキングBEST5を発表します。

第5位 ガーネットレッド(特別塗装色)

第4位 ダークメタルグレー

第3位 ブリリアントシルバー

第2位 スーパーブラック

第1位 ブリリアントホワイトパール(特別塗装色)

(https://8971.info/news/note/colorより引用)

日産・ノートe-POWERの1番人気のボディカラーは、クルマの定番とも言える”白色”ですが、ただのホワイトではなく、特別塗装色のブリリアントホワイトパールが1番人気です!

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/specifications/nismo.html

ノートe-POWER NISMOシリーズのイメージカラーとしても根強い人気のパールホワイトですが、別途37,800円がかかります。

一方、2位のスーパーブラックでは、白黒はっきりと好みが分かれています。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/simulation.html#configure/BABO8/A2U2xmB9I/exterior-colour

3位のブリリアントシルバーは、単なるシルバーよりも太陽の光を強く跳ね返します。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/simulation.html#configure/BABO8/A2U2xmB84/exterior-colour

4位のダークメタルグレーは、ダークなまでの深いグレーに染まります。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/simulation.html#configure/BABO8/A2U2xmB84/exterior-colour

5位のガーネットレッドは、オプション価格48,600円にもかかわらず、第5位へのランクインです。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/simulation.html#configure/BABO8/A2U2xmB84/exterior-colour

あなたのお好きなカラーは5位までにランクインしていましたでしょうか?

ところで、色の好みは人それぞれですが、不人気なボディカラーは、クルマを手放す際に値段を下げてしまう要因にもなります。

でも、皆が好きな色で無難な選択をしても、無難でつまらないカラーの選択になってしまいますから、後で後悔でしてしまうかも知れません。

是非ご自分の好きな色を選びましょう。

スポンサーリンク

【日産・ノートe-POWER】簡単手入れ?

窓を乾拭きする様子

日産・ノートe-POWERには、ボディの基本カラーとして、計13色が用意されていますので、散々迷ってから決めるオーナーもおられるのではないでしょうか?

またノートe-POWERを含めて、日産車のボディ塗装に関するトラブルの情報も無いわけではありません。

また、焼付け塗装と呼ばれる、クルマのボディを塗装する技術は、メーカーや実際に塗装を行う方のレベルによっても、色ですから、異なる場合もあるかも知れません。

ノートe-POWERに用意された13色から、せっかくこだわって選んだボディーカラーなのですから、初期のトラブルは入念にチェックするとして、新車を購入された方なら、いつまでも新車購入時の輝きを保ちたいオーナーの願いは、ごく当たり前のことでしょう。

そんなあなたに、是非、ご検討頂きたいのが「5YEARS COAT」と呼ばれる、日産純正のボディーコーティングです(税込み価格5万3,460円)。

その売りは「5年保証」です。ただし。新車登録後1ヵ月以内という条件と、付属メンテナンスクリーナーを使用して、毎年の定期点検が保証の条件となります。

登録後1ヵ月を過ぎて、1年以内になると、そのボディカラー保証は3年へと、一気に下がります。登録後3年以内であれば保証はわずか2年になってしまいます。

一方で施工価格は5万8,860円と、施工するための費用は値上がってしまうのです。さらにボディ表面の状態によっては、別途下地処理の追加費用が発生するものですから、新車登録時の猶予はわずか1ヵ月だけです。

しかし、コーティング施工後のボディは汚れが付きにくく、基本的には”水洗い”と”ふき取りのみ”という、簡単手入れを実現するための、素晴らしいコーティングサービスだと言えるでしょう。”購入時だけの特典”のようなものですから、是非、純正5年保証をご検討ください。

【日産・ノートe-POWER】色見本コード

クルマを運転していて、普段は気を付けているのに、ボディを擦(こす)ってしまった時のショックは、結構(というか、かなり)へこみます。

これが、新車となれば、なおさらです。でも、バンパーならまだしも、金属でできたボディ表面への傷を放って置くのは、錆を招く原因へと発展し、クルマのボディダメージは着実に進行します。といって、小さな傷だけで、フェンダー全部を交換するのも、費用は高いし、なかなか決断ができないのも、ごく自然の流れだと思います。結局、そのまま放っておいて、クルマの痛みを”見て見ぬふり”で過ごすことになります。

そんなお困りの際は、是非、お近くのホームセンターでタッチ式ペイントと呼ばれる、タッチペンを探してみてはいかがでしょう。恐らく1本1000円以下で入手可能です。

そこで役に立つのが、お持ちのクルマのボディカラーに合った色見本コードです。

もちろん、ホームセンターでも、通常は色見本適合表が置いてありますから、慌てることは無いでしょう。それでも色間違いなど、不安な方は、下記の色見本コードを参考にしてみてはいかがでしょう。つまらないことはクヨクヨしないで、新しい形のハイブリッド自動車として、駆動系は電気自動車100%の構造を搭載した、ノートe-POWERライフを楽しみましょう。

参考URL:http://color-number.blogspot.com/2016/12/nissan-note-color.htmlより引用

【欲しい新車】値引額から50万円安く買う方法

新車は、毎年の厳しい規制に適合しなければ売り出せません。ですから、自動車メーカーの必死な努力で、古い車よりも新車の方が低燃費で、維持費や税金が安くなる傾向にあります。

でも、いざ新車を求めてディーラに行くと…

・思っていたより値段が高い

・頭金が無い

・ボーナス払いは不可能

・どこのディーラーも同じかも?

・セールスマンの強烈な売り込みは嫌い

・とにかく安く買いたい

・苦手な値引き交渉

悩みばかりです。ネット検索しても、確かな購入費用はわかりません。

家族の相談も気が引けます。

新車を安く買う答えは、

下取りよりも買取りです!

下取りは必ず無料一括査定サイトで!

クルマを安く買うには、

下取りは必ず無料一括査定サイトを利用しましょう。

ディーラーで30万円の下取り車が、買い取り業者で80万円になることも多くあります。

一括査定サイトを利用すると、大手下取り会社の最大10社が、あなたのクルマで価格競争をします。

だから、あなたのクルマ価格が上がるのです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする