【日産・ノートe-POWER】 NISMO SとNISMOのタイヤに見る性能とは?

下取りは必ず無料一括査定サイトで!

クルマを安く買うには、

下取りは必ず

確かな無料一括査定サイトで!

ディーラーで30万円の下取り車が、

買い取り業者では80万円になることも

多くあります。その差50万円!

一括査定サイトを利用すると、

大手下取り会社の最大10社が、

あなたのクルマで価格競争をします。

だから、あなたのクルマ価格は上がるのです。

ノートe-POWERを超える、ノートe-POWER NISMO SとNISMO。

そのの出力チューンのスペックの違いは、ノーマルe-POWERとは次元の違いを魅せつけてくれます。

でも、次元の違いはクルマの基本のタイヤからも異なっているのです。

ノートe-POWER NISMO SとNISMOに標準装備されるタイヤのお話です。

スポンサーリンク

タイヤの豆知識

ロードバイクのホイールとタイヤ(前輪)

タイヤはエンジンの回転(速度)と力(トルク)によって、クルマが走る性能を直接路面に伝える部品ですから、タイヤが変わればクルマの走行性能が変わるほどに、タイヤは重要な部品です。

ノートe-POWER NISMO SとNISMOに標準装備されるタイヤは、195/55/R16と表されますが、195はタイヤの幅(呼称)、55はタイヤの扁平率、R16はリム径が16インチであることを表します。

扁平率の式は、扁平率=タイヤの断面高さ ÷ タイヤの断面幅 ×100(%)で表され、扁平率が小さいほど、タイヤの高さは薄くなり、扁平率が大きいほど、タイヤは厚くなります。

また、タイヤのサイズと回転速度から、クルマの速度と距離を割り出しているのが速度メーターと距離計ですから、誤ったタイヤの選定は、速度と距離が狂いますので気を付けましょう。

もう少し詳しく説明すると、タイヤは円の形をしていますから、円の 円周 = 円の直径 × 円周率で求まります。

黒板に書かれたコード

円周率は3.14で表されますので、直径が決まれば円周が求まり、円周は1回転した時の距離ですから、クルマに搭載されたタイヤの回転速度をセンサーで検知して、これをそのクルマに規定されたサイズから、タイヤ1回転で進む距離から換算して、クルマが進む速度と距離を換算して、クルマの時速(=1時間にクルマが進む距離)と、走行距離計を表示しているのです。

だから、タイヤを履き間違えると、クルマの速度計と距離計が狂ってしまうことになるのですが、これ以外にも、ハンドルを切った際にタイヤハウス内で、タイヤとクルマのボディや周辺部品が当たってしまったり、ぶつかることで擦れて、タイヤが摩耗したり、摩擦熱が発生したりで、最悪のケースでは、クルマの故障や事故に発展してしまう可能性もあるのです。

タイヤは命に関わる部品と言っても、言い過ぎではないのです。

スポンサーリンク

ノートe-POWER NISMO SとNISMOの純正タイヤはYOKOHAMA製

引用:https://www.y-yokohama.com/product/tire/

さて、走りを感じずにはいられない驚異の加速性能を持つノートe-POWER NISMO SとNISMOですが、純正タイヤサイズは195/55/R16のYOKOHAMA製高性能グリップタイヤ、DNA S.Driveです。

価格.COMでは、5点満点中4.10点のグリップ性能の評価を受けています。

まずは、その性能について、価格.COMの口コミサイトからピックアップしてみました。

引用:https://www.y-yokohama.com/product/tire/other_tires/

グリップ性能評価5

●ドライもウェットも、通常の高速走行では不安なし。

扁平のスポーツタイヤですので、乗り心地は悪い、ロードノイズはうるさい。

●グリップ性能は高いです。意外に燃費が良く、そこそこ安くてグリップするタイヤとしておすすめです。

●接地感はそれなりにあり、雨天も不安なし

●コスパが良い

195/55/R16で、最安値でポテンザのRE080よりも約6,000円安い1本12,900円程度の価格は魅力的ですが、グリップ力が高いという評価もYOKOHAMAタイヤの技術に納得できるでしょう。

では、グリップ評価が平均より極端に低い口コミについても見てみましょう。

グリップ性能評価3

●グリップ力も最低限あるので安心。YOKOHAMAはウェットが今一つという評価があるが、私には問題ない

●スリップサインが見えたら、ウェットはグリップしないで怖い思いをした

●結構グリップ力高いですが、ちびると極端に落ちる

引用:https://www.y-yokohama.com/product/tire/strength/

やはりS.Driveのグリップ性能は高いというのが本音のようですが、あくまでもドライコンディションでの話がほとんどで、ウェット時の限界レベルには不安要素があって、早めのタイヤ交換が必要だという様子が伺えます。

ましてスリップサインが出てしまったら、ご自身の命取りになるでしょう。

とは言え、S.Driveには回転方向は1方向に決まったスポーツタイヤですから、ノートe-POWERのNISMO SとNISMOの驚異の加速を支えるタイヤとしてのポテンシャルは高いようですが、直進でもコーナーでも、高速走行を想定してデザインされているハイグリップタイヤは、その分減りも早いですから、タイヤのコンディションチェックは豆に行いましょう。

スポンサーリンク

ノーマルノートe-POWERの純正タイヤサイズとの違いは?

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note.html

ノーマルのノートe-POWERに搭載される純正タイヤサイズは、185/65R15または185/70R14です。

このクラスとなると、185/65R15でYOKOHAMAのBlueEarth AE-01で1本6,300円程度で購入が可能です。

また185/70R14であればさらに1本5,500円程度ですから、その価格はノートe-POWERのNISMO SとNISMOに標準で装着されるタイヤの半額程度からそれ以下となります。

引用:https://www.y-yokohama.com/product/tire/strength/

ウェット性能に定評のあるBlueEarthですが、AE-01のウェット性能はCですし、基本的に高性能なグリップ性能ではなく、低燃費を優先したタイヤですから、雨の日はもちろんのこと、ドライでも安全運転にこころがけましょう。

ノーマルノートe-POWERに搭載される標準タイヤで、唯一、ノートe-POWERのNISMO SとNISMOに勝る点があるとすれば、硬い扁平タイヤよりも乗り心地が良く、ロードのノイズも伝わりにくい静粛性でしょう。

低燃費と低価格の経済性と、乗り心地を求めたら、ートe-POWERのNISMO SとNISMOは宝の持ち腐れになってしまうこと間違いなしです。

ノートe-POWER NISMO SとNISMOの純正タイヤまとめ

引用:https://tire.bridgestone.co.jp/potenza/

一般的にですが、高性能なハイグリップタイヤほど、タイヤが温まることで、路面に吸着するほどの高いグリップ性能が発揮されますが、その分タイヤの減り(摩耗)が早いというのも、高性能なグリップタイヤの特徴でもあります。

ノートe-POWER NISMO SとNISMOは、これまでのガソリンエンジンの低回転域のトルク不足特性が無い新しいハイブリッド自動車で、ドライにせよ、ウェットにせよ、グリップ走行を重視したタイヤの性能が見て分かります。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/specifications/nismo.html#NOTE_EPOWER_NISMO_S

さらに、停止状態から100%の高トルクを発揮して、フル加速を行えるノートe-POWER NISMO SとNISMOですが、モーターによるきめ細やかな制御によるロケットスタートは、これまでにないクルマの特徴を搭載しています。

ですから、ノートe-POWER NISMO SとNISMOに搭載された純正品タイヤは、ガソリンエンジンのノートNISMO Sに搭載された、より高性能で高価なブリヂストンPOTENZA RE080よりもグリップ性能は劣りますが、それをe-POWERのモーター性能がカバーしてくれます。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/specifications/nismo.html#NOTE_EPOWER_NISMO_S

さらには、ノートe-POWER NISMO SとNISMOは、必要最小限の車重アップで、十分なボディ補強がされてチューニングされていますので、それに見合った足回りによって、コーナーでもより高速で走行することが可能になっています。

驚異のモーター加速だけでなく、完成されたノートe-POWER NISMO SとNISMOの走りをご堪能ください。

アイキャッチ画像引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/specifications/nismo.html#NOTE_EPOWER_NISMO_S

【欲しい新車】値引額から50万円安く買う方法

新車は、毎年の厳しい規制に適合しなければ売り出せません。ですから、自動車メーカーの必死な努力で、古い車よりも新車の方が低燃費で、維持費や税金が安くなる傾向にあります。

でも、いざ新車を求めてディーラに行くと…

・思っていたより値段が高い

・頭金が無い

・ボーナス払いは不可能

・どこのディーラーも同じかも?

・セールスマンの強烈な売り込みは嫌い

・とにかく安く買いたい

・苦手な値引き交渉

悩みばかりです。ネット検索しても、確かな購入費用はわかりません。

家族の相談も気が引けます。

新車を安く買う答えは、

下取りよりも買取りです!

下取りは必ず無料一括査定サイトで!

クルマを安く買うには、

下取りは必ず無料一括査定サイトを利用しましょう。

ディーラーで30万円の下取り車が、買い取り業者で80万円になることも多くあります。

一括査定サイトを利用すると、大手下取り会社の最大10社が、あなたのクルマで価格競争をします。

だから、あなたのクルマ価格が上がるのです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする