【日産・ノートe-POWER】良い口コミ、悪い口コミ、 評価と評判は?

下取りは必ず無料一括査定サイトで!

クルマを安く買うには、

下取りは必ず

確かな無料一括査定サイトで!

ディーラーで30万円の下取り車が、

買い取り業者では80万円になることも

多くあります。その差50万円!

一括査定サイトを利用すると、

大手下取り会社の最大10社が、

あなたのクルマで価格競争をします。

だから、あなたのクルマ価格は上がるのです。

2016年、これまでのガソリンエンジンを主体としたハイブリッドカーの常識を覆して、ガソリンエンジンを搭載した100%電気自動車として販売が開始された、日産・ノートe-POWERの口コミについて紹介しましょう。

スポンサードリンク

【日産・ノートe-POWER】良い口コミ

バッチリOK!と手で合図を送るスーツ姿の若い女性(グリーンバック)

5段階評価の価格.COMサイトを覗いてみると、日産・ノートe-POWERの総合満足度の平均点は4.03点ですが、エンジン性能4.37点、走行性能4.34点の走行に関わる評価が高い事が分かります。一方、ハイブリッドカーとしての燃費は4.15点で、普通車よりも良いけれど、5点の満足は得られてないようです。それでは、ノートe-POWERに関する良い口コミの声をご覧ください。

高速より街乗りがメインだったため決めてになりました。実際乗ってみると高速の乗り心地もよく前車では合流が苦手だったのですがノートe-powerは加速がいいので簡単に合流できるようになりました。高速走行時もエンジンは回ってますが全体的に静かです。

ワンペダルは決めてではなかったのですが実際乗っていて感心するのがこのワンペダルです。渋滞時に前車の時はアクセルとブレーキを何回も踏み坂道はブレーキを踏みっぱなしかサイドブレーキをしていましたがこのノートe-powerの場合ほとんどがワンペダルで運転ができその止まるスピード加減も自然でスムーズに止まってくれます。よっぽど私のブレーキより上手です。(NISMO仕様、エンジン5点、走行5点、燃費4点、)

確かに低速走行時に突然エンジンがかかり煩く感じます。けど、それだけです。モーターのパワーは今までのガソリン車にはない性能です。sモード で出だしでベタ踏みした時は、ほんと速いと感じ、二輪のバイクもついてこれない状態でした。今まで数々のコンパクトカーを試乗したが、e-POWER nismo の走りは他にない走りだった。nismo は専用感が強く自分に適した車であると実感したことや、試乗してモーターのスムーズさに感動して乗り換えたが、後悔はしていない。アクセルを踏めば即座に反応する電気自動車と感じるアクセルレスポンスの良さやガソリン車のAT等の変速時のクセも全くなくスムーズに加速することに全く不満はない。

(燃費は)そんなに良くない。坂道の多いチョイ乗りで15キロ位。まだ、長距離は走っていないが、高速に乗ってもあまり燃費は良くないと思う。(NISMO仕様、エンジン5点、走行5点、燃費3点、)

エコモードでも踏み込むと危険を感じるレベルの加速。
街乗りでは十分すぎる性能。
発電機はカーステの音でかき消される程度であまり気にならない

ツーリングパッケージ装着のため試乗してたノーマルより固い。
しかしコーナーでのロールも少なく安定感が高い。
剛性感もそこそこあって良い。
エンジンブレーキが強め?
回生ブレーキのことでしょうか。
アクセルワークで自在にペースが作れて楽しいですよ。
特に下りでアクセル踏まないとスピード出せないのは安全面からも素晴らしい。

(燃費は)1回目の給油がまだなのでメーター読みで25.7km/lくらい。
実質20km+くらいでしょうか。(シーギヤ仕様、エンジン5点、走行5点、燃費5点、)

スポンサードリンク

【日産・ノートe-POWER】悪い口コミ

「だめだこりゃ」と顔をゆがめるリーダー

全体的に高い評価と思われる日産・ノートe-POWERですが、中には総合評価1点などの悪い評価も見られます。悪い評価の声を見てみましょう。

前回高評価をしましたが、排ガスデータ改ざんの不正が発覚し、失望の下方訂正です。内外装、乗り心地、走行性能は基本的には前回レビューと変わるものではありませんが、排ガスに関わるエンジン性能とリセールバリューやブランドイメージの低下を加味し価格の適正性について訂正しました。一年足らずで再発しており、まだ今後も問題が出てくるんじゃないかと製品に対する不安感もあり、我が家では買い替え候補から脱落です。 熱心で好感度高い営業さんだったので残念です。(2016年モデル、エンジン1点、走行4点、燃費-)

うるさいエンジン音と振動、(腰痛悪化しました)、「追突されるかも・・・」の不安があるワンペダル(リーフは回生ブレーキで停止してもしっかりブレーキランプがついてるらしいが)・雨が降ると使い物にならないスマートミラー(あと背の低い人が運転する場合、下方向に向けると夜間は二重映りになりかなり物騒)・カタログを大きく下回るアベレージ燃費・使い勝手の悪いしインテリア・廻りに何にもないのに警報を出すセンサー(日産の担当者は前のノートでも同じようなことがあったとのこと)などなど・・・いやー本当に驚くことが多かったe-powerでした。かなりの損金になりましたがストレスなく安心して車を使いたかったので 50日の付き合いで売却しました。
サヨナラです。ナビとアラウンドビューは使い勝手が良かったけどね。(エンジン1点、走行1点、燃費1点)

前記サビのような物の件は、半月以上待ってディーラーにて磨き作業を行って貰いました。ディーラーから作業を任された業者曰わくは、鉄粉だったとの事で全体磨いて下さったそうです。どう変わったか特に気になっていたボンネットを確認してみると、同じ所に同じ大きさの茶色いサビの様なものが残っており、これ明らかに鉄粉ちゃうやろと思ってる現状で、盆明け再度連絡を取るつもりでいます。確かに指摘した所以外で鉄粉もあったのかも知れないし除去して綺麗にしてくれたのかもしれないけれど、洗車の度に茶色い・・・と思ってしまうので、指摘した箇所がそのままなのは正直頂けないです。満足度はこの点から、当初の星3つから-1しました。

停車中にはエンジンON/OFFが振動などで分かったりしますが、走行中は特に気にせず走れています。

基本Sで走っていますが、踏んだらスッと走り出してくれるので良いと思います。街中で信号が多かったり車が多い所では、ECOに入れてノンビリ走行したりと切り替えれるのも良いかと。(2016年モデル、エンジン-、走行4点、燃費4点)

日産の排ガスデータ改ざんにより、失ったメーカーへの信頼は、評価に大きく影響することが分かります。また、ユニークで新しいワンペダルによる強力なブレーキも、人によっては受け入れがたい走行性能と成り得るようです。また、ボディの錆?など、クルマはいろいろな部品で構成された商品ですから、お客様の声に耳を傾けて、一つ一つ真摯に対応する姿勢が大切であることがわかります。

スポンサードリンク

【日産・ノートe-POWER】評価、評判まとめ

温故知新と言う言葉があるように、日産ノートe-POWERに導入された新しい技術は、賛否両論に分かれていますが、アクセルオンで254N・mのトルクを生み出す、100%電気自動車のとして特徴的なエンジン性能からなる2Lターボ並みの強力な加速力は、1.2Lエンジン車とは思えないほどに驚かされます。また、高速走行性能の安定性よりも、ワンペダルと呼ばれる、アクセルオフで発生する強力なエンジンブレーキも、電気モーターならでは新しい特性でしょう。

これまでのガソリン車主体の走行性能を引き継ぐトヨタ系ハイブリッドカーとは全く異なる、電気モーター主体のノートe-POWERの販売台数の快進撃の数字が、どちらが今の時代に受け入れられているのかという”答え”を表しているのではないでしょうか。ただ一つ、日本だけにとどまりませんが、排ガスデータ改ざんという、大手自動車メーカーとしての、消費者からの信頼を、根底からぶち壊してしまった大事件が、良い車を創る技術とアイディアも持った企業だけに、残念に思えてなりません。これからも、皆が認める、純粋に良いクルマを創造を期待して止みません。

【欲しい新車】値引額から50万円安く買う方法

新車は、毎年の厳しい規制に適合しなければ売り出せません。ですから、自動車メーカーの必死な努力で、古い車よりも新車の方が低燃費で、維持費や税金が安くなる傾向にあります。

でも、いざ新車を求めてディーラに行くと…

・思っていたより値段が高い

・頭金が無い

・ボーナス払いは不可能

・どこのディーラーも同じかも?

・セールスマンの強烈な売り込みは嫌い

・とにかく安く買いたい

・苦手な値引き交渉

悩みばかりです。ネット検索しても、確かな購入費用はわかりません。

家族の相談も気が引けます。

新車を安く買う答えは、

下取りよりも買取りです!

下取りは必ず無料一括査定サイトで!

クルマを安く買うには、

下取りは必ず無料一括査定サイトを利用しましょう。

ディーラーで30万円の下取り車が、買い取り業者で80万円になることも多くあります。

一括査定サイトを利用すると、大手下取り会社の最大10社が、あなたのクルマで価格競争をします。

だから、あなたのクルマ価格が上がるのです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする