【日産・セレナe-POWER】外寸, 外装, 機械式駐車場は大丈夫?

下取りは必ず無料一括査定サイトで!

クルマを安く買うには、

下取りは必ず

確かな無料一括査定サイトで!

ディーラーで30万円の下取り車が、

買い取り業者では80万円になることも

多くあります。その差50万円!

一括査定サイトを利用すると、

大手下取り会社の最大10社が、

あなたのクルマで価格競争をします。

だから、あなたのクルマ価格は上がるのです。

公式サイト:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.htmlより

スポンサードリンク

【日産・セレナe-POWER】外寸、横幅、長さ、車高スペック

クルマと駐車スペースの関係は、クルマを所有、あるいはクルマをレンタルする時でさえも、必ず知っておかなければならない大切な情報です。例えば、ショッピング先の駐車スペースを誤ってしまうと、クルマの破損、あるいは駐車スペースの破損といった、招かざる損害を引き起こしてしまいます。

そして、快適性を極めたミニバン販売台数では、1位を独走する日産・セレナですが、その売れ行きを伸ばしている要因として、魅力的なセレナe-POWER存在は欠かせません。そのセレナe-POWERの購入時でさえも、クルマの大きさやサイズを知ることはとても重要で、必須とも言えるでしょう。では、早速、下記セレナe-POWERの外観サイズを確認してみましょう。

↓セレナe-POWER外観寸法と重量スペック一覧

項目 e-POWER

X・XV

e-POWER

ハイウェイスター

及び

ハイウェイスターV

全長 4690 mm 4770 mm
全幅 1695 mm 1740 mm
全高 1865 mm 1865 mm
最低地上高 140 mm 140 mm
車両重量 1730~1750 kg 1740~1760 kg

駐車スペースを考える場合、セレナe-POWERで最も重視されるべき点は、全高1865 mmという高さ寸法スペックでしょう。マンションなどのタワーパーキングで多く採用されている許容全高は1550 mmです。

つまり、全高1865 mmの日産・セレナe-POWERは、マンションに適さないというのが、ごく自然な答えだと言えます。全高に限らず、駐車スペースを無視したクルマの購入は、弁護士問題まで発展する悲劇を招いてしまいます。注意しましょう。

「高層マンションと不忍池の夜高層マンションと不忍池の夜」のフリー写真素材を拡大

スポンサードリンク

【日産・セレナe-POWER】機械式駐車場は大丈夫?

マンションなどの、タワーパーキングには適さない日産・セレナe-POWERですが、密集した都市部でのショッピングなど、一般的な機械式駐車場は大丈夫でしょうか?

駐車スペース問題がより表面化する都市部では、機械式駐車場の存在は、かなり”当たり前”にある設備です。では、そんな当たり前の機械式駐車場について、下記の一般的規格スペックを確認してみましょう。スペックは、三菱重工機械システムの機械式駐車場から引用しました。

機械式駐車場/Mシリーズ

項目

スペック

車幅

1850 mm

車長

5000 mm

車高/

普通車

1550 mm

車高/

ミッドルーフ車

1750 mm

車高/

ハイルーフ車

2000 mm

最大重量

2000 kg

(ハイルーフ2300 kg)

狭い日本と言われつつも、1億2千万人を超える人口を抱える、我が国、日本のお国事情は、駐車スペース問題は深刻を極めます。その象徴として、日本の全国平均の人口密度は1平方キロメートルあたり335人(2017年)で、世界で11番目に人口密度が高い国となります。

さらに都市部に限った場合の人口密度は、1平方キロメートルあたりで東京都は6320人(2018年、1位)、大阪府は4631人(2018年、2位)、神奈川県は3799人(2018年、3位)で、わずか1キロメートル×1キロメートルの面積に数千人単位の人口が密集しているのですから、その深刻さは明らかです。

そして、クルマの駐車スペース問題を緩和する手段の一つとして登場したのが、機械式駐車場なのですが、ミッドルーフ対応の機械式駐車場の許容全高は1750 mmで、ハイルーフ対応で2000 mmです。さらに、三菱重工機械システムのLシリーズ機械式駐車場スペックを見てみましょう。

機械式駐車場/Lシリーズ

項目

スペック

車幅

1950 mm

車長

5300 mm

車高・普通車

1550 mm

車高/

ミッドルーフ車

1750 mm

車高/

ハイルーフ車

2000 mm

最大重量

2300 kg

(ハイルーフ2500 kg)

備考

  1. 【 】内寸法:標準寸法を示します。
  2. ドアミラーは必ずたたんで入庫してください。
  3. 後部スペアタイヤ、リアミラー、アンテナなどの突起物がある車は、入庫できない場合があります。
  4. タイヤ外幅の最大寸法は車幅の最大寸法と同じになります。

(注)仕様・寸法は予告無しに変更する場合があります。

上記に見る限り、マンションには不向きな日産・セレナe-POWERですが、街中の機械式駐車場でも、2000 mmのハイルーフ対応で無い限りは、駐車できないということになります。日産・セレナe-POWERは、基本的に機械式駐車場は不可と考えた方が良さそうです。

スポンサードリンク

【日産・セレナe-POWER】機械式駐車場まとめ

不気味な駐車場

日産・セレナe-POWERの電気モーター駆動による、加速性能、燃費性能は、他メーカーのミニバンには無い魅力を持ったクルマであることは間違いありません。だからこそミニバン販売台数1位の座に君臨しているのでしょう。しかしながら、快適性を求めた全高1865 mmのスペックは、タワーパーキングや機械式駐車場には、残念ながら適応できません。

ただし、2000 mmなどのハイルーフ全高を満たす機械式駐車場や、全高に制限の無い駐車場であれば、問題無く駐車可能な快適なるミニバンです。また車高を無理して落とそうとして、社外製の車高調を導入する場合、日産・セレナe-POWERの純正・最低地上高140 mmというスペックを、更に低く下げる結果となります。タワーパーキングによっては、130 mmの最低地上高をうたっているものもあります。

もし、日産・セレナe-POWERをタワーパーキングや機械式駐車場に考えたい場合は、車幅、全長、全高、最低地上高、そして重量について、全ての項目を事前にチェックしましょう。また、システムキャリアーなどのルーフアイテムも、対応不可な場合がほとんどです。他にも、クルマのアンテナやミラーまで含めた車幅など、注意すべき点は記載されている場合がありますので、入庫前に入念にチェックをしましょう。

ここまで慎重な考慮が必要なことと、最悪の場合に車を破損する事態が起こりえるのですから、日産・セレナe-POWERを購入する場合、機械式駐車場への駐車は不可能と考えた方が無難だと言えます。愛車と、機械式駐車場などの駐車スペースは、常に一緒に考えなければなりません。

【欲しい新車】値引額から50万円安く買う方法

新車は、毎年の厳しい規制に適合しなければ売り出せません。ですから、自動車メーカーの必死な努力で、古い車よりも新車の方が低燃費で、維持費や税金が安くなる傾向にあります。

でも、いざ新車を求めてディーラに行くと…

・思っていたより値段が高い

・頭金が無い

・ボーナス払いは不可能

・どこのディーラーも同じかも?

・セールスマンの強烈な売り込みは嫌い

・とにかく安く買いたい

・苦手な値引き交渉

悩みばかりです。ネット検索しても、確かな購入費用はわかりません。

家族の相談も気が引けます。

新車を安く買う答えは、

下取りよりも買取りです!

下取りは必ず無料一括査定サイトで!

クルマを安く買うには、

下取りは必ず無料一括査定サイトを利用しましょう。

ディーラーで30万円の下取り車が、買い取り業者で80万円になることも多くあります。

一括査定サイトを利用すると、大手下取り会社の最大10社が、あなたのクルマで価格競争をします。

だから、あなたのクルマ価格が上がるのです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする