【日産・セレナe-POWER】安全装備と価格

下取りは必ず無料一括査定サイトで!

クルマを安く買うには、

下取りは必ず

確かな無料一括査定サイトで!

ディーラーで30万円の下取り車が、

買い取り業者では80万円になることも

多くあります。その差50万円!

一括査定サイトを利用すると、

大手下取り会社の最大10社が、

あなたのクルマで価格競争をします。

だから、あなたのクルマ価格は上がるのです。

ミニバン販売台数1位の日産・セレナの功績を支える理由の一つに、セレナe-POWERの存在抜きには語れません。ファミリー層をターゲットにしているからこそ、セレナe-POWERの安全性能にフォーカスしてみました。

公式サイト:http://www2.nissan.co.jp/SP/SERENA/SPECIAL/より

スポンサードリンク

【日産・セレナe-POWER】安全装備標準とオプション

セレナe-POWER

グレード

メーカー価格

※2018年11月諸費用込み

※消費税8%込み

※オプションなし

全車標準・安全装備

X

307万6,979円~

・ABS(アンチロックブレーキシステム)

・インテリジェント エマージェンシーブレーキ

+ LDW(車線逸脱警報)

・SRSエアバッグシステム〈前席〉

・VDC(ビークルダイナミクスコントロール※TCS機能含む

・ハイビームアシスト

・クルーズコントロール

・高強度安全ボディ+歩行者傷害軽減ボディ

ハイウェイスター 328万6,499円~
XV 323万6,819円~

ハイウェイスター

V

351万2,219円~

最愛の家族を乗せて「最高のおでかけ」を想像して見て下さい。今、皆さんの顔には、きっと素敵な笑顔が浮かんでいることでしょう。そんな素敵な笑顔の陰で、万が一に起こってしまう、怖い自動車事故を未然に防ぐための、安全性能も忘れてはなりません。日産・セレナe-POWERには、大きく分けて「X,ハイウェイスター、XV、ハイウェイスターV」の4種類、グレードが用意されています。

対物だけでなく、歩行者をも検知する自動安全ブレーキが全車標準で装備されるなど、4つのグレードで、一見すると安全装備に違いは見られません。また、ハイビームアシストや、高速走行でのクルーズコントロール、安全ボディや歩行者傷害軽減ボディなども、セレナe-POWERの購入を考える上では、すぐに買いたくなる理由に成り得るでしょう。

日産・セレナe-POWERの安全性能が良いのであれば、家計にも優しい、最も安いグレードの選択が当然に思えるのですが、セレナe-POWERで、Vのつくグレード(XV、ハイウェイスターV)には、さらなる安全性能がオプションとして用意されています。では、次を見てみましょう。

スポンサードリンク

【日産・セレナe-POWER】オプション安全装備と価格

セレナe-POWER

グレード

セーフティパックA

価格11万3,400円

セーフティパックB

価格24万3,000円

XV、及び

ハイウェイスターV

のみ

・SRSカーテンエアバッグシステム

&サイドエアバッグシステム〈前席〉

・踏み間違い衝突防止アシスト
・インテリジェント パーキングアシスト(駐車支援)

・標識検知機能(進入禁止/最高速度/一時停止の標識検知
・インテリジェントアラウンドビューモニター(移動物検知機能付)

・インテリジェント DA(ふらつき警報)

・フロント&バックソナー
・ヒーター付ドアミラー
・ステアリングスイッチ(アドバンスドドライブアシストディスプレイ設定、クルーズコントロール、オーディオ)

・SRSカーテンエアバッグシステム

&サイドエアバッグシステム〈前席〉

・踏み間違い衝突防止アシスト
・インテリジェント パーキングアシスト(駐車支援)

・標識検知機能(進入禁止/最高速度/一時停止の標識検知
・インテリジェントアラウンドビューモニター(移動物検知機能付)

・インテリジェント DA(ふらつき警報)

・フロント&バックソナー
・インテリジェント ルームミラー
・電動パーキングブレーキ
・オートブレーキホールド
・プロパイロット
・インテリジェント LI(車線逸脱防止支援)
・ヒーター付ドアミラー
・ステアリングスイッチ(アドバンスドドライブアシストディスプレイ設定、プロパイロット、オーディオ)

日産・セレナe-POWERで、XVやハイウェイスターVなどのVシリーズの選択は、自動車アセスメントの最高評価ファイブスター取得の理由の一つとして評価されているSRSカーテンエアバッグとサイドエアバッグの選択を広げる上で必須となります。逆に言えば、最高評価ファイブスターの安全性能を得るには、Vシリーズを選択して、なおかつセーフティパックを選択しなければなりません。もちろん、現在ある一般的な安全性能で満足というのであれば、Vシリーズの選択は、むしろ不要ということになります。

あるいは今、搭載でき得る最高の安全性能と、高速道道路での運転を、より簡単にドライバーと乗車する家族の安全をサポートしてくれるプロパイロット機能を選ぶのであれば、セーフティパックBの選択しかありません。また、夜間の後方視界など、肉眼では見えない視界をクリアにドライバーに見せてくれる、インテリジェントミラーがセーフティパックBに含まれている点も考慮すべきです。

スポンサードリンク

【日産・セレナe-POWER】安全装備まとめベビーカーの上でぐっすり眠る双子の女児

Mazdaはミニバン市場から撤退してSUVへ方向転換しました。一方で、ミニバン人気のトヨタを抑えて、ミニバン販売台数日本一を誇っているのが日産・セレナです。その存在感は他の自動車メーカーを圧倒しています。とは言え、快適性を追求して、依然人気の高いトヨタのミニバン代表のアルファードにも、先進の安全性能は重要視されています。もちろん、セレナにも十分に先進の安全性能は用意されているのですが、安全性能が全車標準ではなく、その安全性能の選択が、価格に伴って消費者に委ねられているということが、セレナe-POWERを購入する上で注意しなければならない点でしょう。

ここで、安全性能を選択する前に、何故、セレナe-POWERがミニバン販売台数1位なのかを考えてみましょう。トヨタを抑えて、ミニバン市場で首位の座に君臨している日産・セレナですが、セレナe-POWERには、さらに優れた26.2km/Lの低燃費(カタログ、JC08モード)と、ワンペダル走行というe-POWERシリーズの100%電気自動車型ハイブリッドの技術が備わっています。トヨタのハイブリッドが、ガソリンエンジン主体のハイブリッドで、電気モーターはエンジンのサポートを担っているのに対して、セレナe-POWERの駆動は100%電気モーターで行われます。

クルマが停止した状態で、アクセルを踏んだ瞬間から、100%電気モーターの最大トルクは、加速に必要な最適トルクに制御されて車を発進させます。一方で、アクセルをオフした瞬間に、100%電気モーターによる強力なブレーキが、瞬時にクルマを停止させようと働きます。これこそ、100%電気モーターで走行するe-POWERだけが成せる技術です。そして、ブレーキ時の強力な減速エネルギーは、バッテリーへと還元されて、それを回生エネルギとして再利用するのですから、セレナe-POWERはわずか1.2Lという小さなエンジンでも、優れた低燃費を実現しています。

高速道路のレーン侵入に必要でスムーズな加速性能と、すぐに止まれる優れたブレーキ性能、そして大きな経済性アドバンテージの低燃費性能。これらどれをとっても、日産・セレナe-POWERが売れている理由になるのは一目瞭然です。でも、安全性能の選択は、購入する消費者に委ねられているのも日産・セレナe-POWERです。家族みんな、最高の笑顔でおでかけ、その笑顔を支える、クルマの安全性能なのですから、最高級の安全装備のお値段は高いと思いますか?今一度、良く考えて購入しましょう。

【欲しい新車】値引額から50万円安く買う方法

新車は、毎年の厳しい規制に適合しなければ売り出せません。ですから、自動車メーカーの必死な努力で、古い車よりも新車の方が低燃費で、維持費や税金が安くなる傾向にあります。

でも、いざ新車を求めてディーラに行くと…

・思っていたより値段が高い

・頭金が無い

・ボーナス払いは不可能

・どこのディーラーも同じかも?

・セールスマンの強烈な売り込みは嫌い

・とにかく安く買いたい

・苦手な値引き交渉

悩みばかりです。ネット検索しても、確かな購入費用はわかりません。

家族の相談も気が引けます。

新車を安く買う答えは、

下取りよりも買取りです!

下取りは必ず無料一括査定サイトで!

クルマを安く買うには、

下取りは必ず無料一括査定サイトを利用しましょう。

ディーラーで30万円の下取り車が、買い取り業者で80万円になることも多くあります。

一括査定サイトを利用すると、大手下取り会社の最大10社が、あなたのクルマで価格競争をします。

だから、あなたのクルマ価格が上がるのです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする