【日産・ノートe-POWER】ニスモS VS リーフニスモ比較、最強ハイブリッドか?最強電気100%か?

下取りは必ず無料一括査定サイトで!

クルマを安く買うには、

下取りは必ず

確かな無料一括査定サイトで!

ディーラーで30万円の下取り車が、

買い取り業者では80万円になることも

多くあります。その差50万円!

一括査定サイトを利用すると、

大手下取り会社の最大10社が、

あなたのクルマで価格競争をします。

だから、あなたのクルマ価格は上がるのです。

スポンサーリンク

【日産・ノートe-POWER】ニスモS VS リーフニスモ/スペック

引用:http://www.nissan.co.jp/

今日本で一番売れている現行の日産・ノートe-POWERシリーズの最強スペックを誇るノートe-POWER ニスモSと、世界で10万台以上売れている100%電気自動車で市販車の現行リーフの最強スペックのリーフニスモ。走りにこだわるニスモの二つの車両を比較してみましょう。

項目 リーフ

ニスモ

ノートePOWER 

ニスモS

全長

全幅

全高

4510mm

1790mm

1550mm

4165mm

1659mm

1535mm

ホイルベース 2700mm 2600mm
最低地上高 165mm 130mm
車両重量 1520kg 1250kg
駆動方式 2WD 2WD
乗車定員 5人 5人
タイヤサイズ 225/45R18 195/55R16
最高出力 150馬力/

3283~9795rpm

136馬力/

2985~8000rpm

最高トルク 320N・m/

0~3283rpm

320N・m/

0-2985rpm

最小

回転半径

5.4m 5.2m
バッテリー容量

(タンク容量)

40kw

( – )

1.5kw

(41L)

車重1kgあたり

最大馬力

0.099馬力/kg 0.109馬力/kg
車重1kgあたり

最高トルク

0.214N・m/kg 0.256N・m/kg
満タン時

走行距離

最大350km

日産公式HPより

最大1394km

※同クラス最大燃費34km/Lより

満タンコスト 電気

最大1,200円

※30円/kw換算

ガソリン

最大5,740円

※140円/L換算

1kmあたりの

コスト

3.43円/km~

※電気30円/kw換算

4.11円/km~

※ガソリン140円/L換算

ガソリンエンジンを搭載していないリーフニスモですが、意外にも車重は1520kgあります。ガソリンエンジンを搭載しているノートe-POWERニスモS(車重1250kg)よりも270kgも重いことがわかります。単純に、リーフニスモは40kw、ノートe-POWERニスモSは1.5kwの、それぞれに搭載されたバッテリーの重さの違いによるものと思われます。

この車重の重さは、クルマのパワーポテンシャルを表す加速と馬力に影響します。リーフニスモの1kgあたりのトルクは0.214N・m/kg、ノートe-POWERニスモSは0.256N・m/kgです。同じく1kgあたりの馬力は0.099馬力/kg(リーフニスモ)と0.109馬力/kg(ノートe-POWERニスモS)です。カタログ数値では、リーフニスモよりもノートe-POWERニスモSの方が、車重1kgあたりの加速トルクでおよそ20%、馬力でおよそ10%上回っていることがわかります。

さらに注目すべきは、搭載されているタイヤサイズの違いで、ノートe-POWERニスモSの195/55R16に比較して、リーフニスモの225/45R18のタイヤサイズは太い上に18インチと大きく、パワーロスが懸念されることから、総合的な加速性能と馬力性能では、16インチのタイヤを装備したノートe-POWERニスモSの方が”速い”と考えます。ただし、高速性能の安定性では、タイヤサイズの大きなリーフニスモに軍配が上がると言えます。

スポンサーリンク

【日産・ノートe-POWER】ニスモS VS リーフニスモ/購入価格

項目 リーフ

ニスモ

(スーパーブラック)

ノートePOWER 

ニスモS

(スーパーブラック)

希望商売価格 403万2,720円(税込) 267万1,920円(税込)

諸費用・リサイクル料

合計

28万7,899円

※10月登録

21万2,459円

※10月登録

エコカー減税額

(自動車取得税)

-10万800円
エコカー減税額

(自動車重量税)

-3万円

購入価格 414万839円(税込) 288万4,379円(税込)
他のボディカラー ■ブリリアントホワイトパール+スーパーブラック2トーン

+7万200円

■ブリリアントホワイトパール

+4万3,200円

■ブリリアントシルバー+スーパーブラック2トーン

+5万4,000円

■ダークメタルグレー+スーパーブラック2トーン

+5万4,000円

■ラディアンレッド+スーパーブラック2トーン

+5万4,000円

■ダークメタルグレー

+0円

■ラディアンレッド

+0円

■ブリリアントシルバー

+0円

■ガーネットレッド

+4万8,600円

■ブリリアントホワイトパール

+3万7,800円

■ブリリアントシルバー

+0円

■ダークメタルグレー

+0円

備考  – RECAROシート

(メーカーオプション)は

+税別27万円 

リーフニスモにはエコカー減税が適用されますが購入価格はおよそ415万円(税込)です。一方、減税適用の無いノートe-POWERニスモSの購入価格はおよそ289万円です(いずれも車両値引きは考慮していません)。リーフニスモ(電気自動車)とノートe-POWERニスモSでは、実に126万円もの購入価格差があります。では、次に維持費を見てみましょう。

スポンサーリンク

【日産・ノートe-POWER】ニスモS VS リーフニスモ/維持費シミュレーション

リーフニスモとノートePOWERニスモSで1年間あたりの維持費を見てみましょう。

※免税額、重量税、車検費用、自動車保険料は考慮していません。

※ノートe-POWERの燃費はノーマルのノートe-POWER Xを引用

項目 リーフ

ニスモ

ノートe-POWER

ニスモS

ガソリン代

※走行距離15000km/年、1250km/月

0円/年

10万5,000円/年

(約8,750円/月)

計算条件:

※燃費20km/L換算

※ガソリン140円/L

 ※ノートe-POWER X参照

電気代

※走行距離15000km/年、1250km/月

3kw普通充電

51,600円/年

計算条件:

※電気代30円/kw

オイル交換費用

0円/年

15,700円/年

計算条件:

オートバックス例

3750kmごとにオイル交換で、1000円/Lオイル×3.2L×2回/年&3.4L×2回/年、オイルエレメント1000円×2回/年、オイル交換年会費500円

自動車税

29,500円/年

34,500円/年

合計

81,100円/年

15万5,200円

リーフニスモとノートePOWERニスモSの1年あたりの維持費差額はおよそ7万4,100円となります。購入費126万円の差額を埋めるにはおよそ17年乗り続ける必要があります。さらにリーフニスモは、日産ゼロエミッションプログラム(月額2000円)に加入することで、日産ディーラーを含む全国5700か所の急速充電スポットが無料で使用でき(計24,000円/年)、年間維持費を抑えることが可能なのですが、それでもおよそ13年乗り続けないと、ノートe-POWERニスモSとの差を縮めることができません。

【日産・ノートe-POWER】ニスモS VS リーフニスモ/まとめ

リーフニスモの購入価格が400万円を超えるのに対し、ノートe-POWERニスモSの購入価格は、RECAROシートを選択してもおよそ300万円ですので、その差額は100万円に相当します。この差を埋める手段として、国の補助金で40万円や、自治体によって5万円から10万円の補助金制度があるようですが、その差の回収は長期戦と考えた方が良さそうです。そんな苦労とは相反して、ノ-トe-POWERニスモSのクルマとしての優れたトルクと馬力特性が際立ちます。

さらに、それぞれのクルマの車重から、重さ1kgあたりのトルクと馬力に基準を並べてみると、わずかな差ながらも、ノートe-POWERニスモSの方が、リーフニスモよりも、トルクも馬力も優れたクルマであることがわかります。購入額の差100万円から考えれば、ノートe-POWERニスモSのパワー特性は優れていて、お買い得感は不動のクルマに成り得るでしょう。ノートePOWERニスモSの登場は、現行で最強のe-POWERの登場だと言っても、過言ではないでしょう。

ノートe-POWERが登場したのが2016年11月ですが、電気モーターのパワフルな性能と、現行で最強スペックを搭載したノートe-POWERニスモSが登場するまでにかかった時間は、わずか2年です。あまりにも技術革新の速度が速いe-POWERシリーズですが、今後の進化はどこまで加速していくのでしょうか。まだまだ目が離せないクルマです。

【欲しい新車】値引額から50万円安く買う方法

新車は、毎年の厳しい規制に適合しなければ売り出せません。ですから、自動車メーカーの必死な努力で、古い車よりも新車の方が低燃費で、維持費や税金が安くなる傾向にあります。

でも、いざ新車を求めてディーラに行くと…

・思っていたより値段が高い

・頭金が無い

・ボーナス払いは不可能

・どこのディーラーも同じかも?

・セールスマンの強烈な売り込みは嫌い

・とにかく安く買いたい

・苦手な値引き交渉

悩みばかりです。ネット検索しても、確かな購入費用はわかりません。

家族の相談も気が引けます。

新車を安く買う答えは、

下取りよりも買取りです!

下取りは必ず無料一括査定サイトで!

クルマを安く買うには、

下取りは必ず無料一括査定サイトを利用しましょう。

ディーラーで30万円の下取り車が、買い取り業者で80万円になることも多くあります。

一括査定サイトを利用すると、大手下取り会社の最大10社が、あなたのクルマで価格競争をします。

だから、あなたのクルマ価格が上がるのです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする