【日産・ノートe-POWER】NISMOの価格、ノーマルスペックとの違いは?

下取りは必ず無料一括査定サイトで!

クルマを安く買うには、

下取りは必ず

確かな無料一括査定サイトで!

ディーラーで30万円の下取り車が、

買い取り業者では80万円になることも

多くあります。その差50万円!

一括査定サイトを利用すると、

大手下取り会社の最大10社が、

あなたのクルマで価格競争をします。

だから、あなたのクルマ価格は上がるのです。

(NISMO公式サイト、https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/nismo.htmlより)

2016年に登場した日産・ノートe-POWERは、それまで販売台数で首位を独走していた、トヨタのハイブリッドカーの歴史を塗り替えたコンパクト・エコカーと言えるでしょう。中味は電気自動車のノートe-POWERは、1.2Lエンジンに加えた電気モーターによって、2Lターボ車並みの加速トルクを搭載しています。そして、日産・ノートe-POWERに、モータースポーツの”走り”をチューニングしたNISMO(ニスモ)仕様が加わりました。では、早速紹介いたしましょう。

スポンサードリンク

【日産・ノートe-POWER】NISMOの価格とボディカラー

ノートe-POWERのベース価格は、次の5色のボディカラーの選択によって、3種類に分けることができます。

ボディカラー 税込み価格
スーパーブラック 248万8,320円

ダークメタルグレー(メタリック)
ブリリアントシルバー(メタリック)
ブリリアントホワイトパール

(3コートパール)

252万6,120円

ガーネットレッド

(カラークリアパール)特別塗装色

253万6,920円

日産NISMOのCMイメージのためか、NISMOのレーシング仕様のイメージカラーは”白”という印象が強いですが、最も高い価格設定なのは”ガーネットレッド”の赤いカラーです。もともとNISMOという名前は、”NISsan MOtorsports(ニッサン・モータースポーツ)から名付けられた名前ですから、熱き思いを表現する赤色が、NISMOにとっては特別な色なのかも知れません。

他にも、ブラックやメタリックシルバー、グレーのボディカラーが設定されている点も、嬉しい仕様ですが、ノートe-POWER Xやノートe-POWER MEDALISTの選べるボディカラーが13色に比べれば、NISMO仕様はわずか5色に絞られています。

スポンサードリンク

【日産・ノートe-POWER】NISMOスペック/外観寸法

ノートの販売台数を一気に伸ばした、ベース車両ノートe-POWERと、ノートe-POWER NISMOの外観スペックを比べてみました。尚、現在のところノートe-POWER NISMOに4WD設定はありません。

項目 ノートe-POWER NISMO

2WDのみ

ノートe-POWER 2WD

(4WD)

全長 4165mm 4100mm
全幅 1695mm 1695mm
全高 1535mm 1520mm

(1525mm)

ホイールベース 2600mm 2600mm
最低地上高 130mm 130mm

(135mm)

車両重量 1250kg

1190~1230kg

(1300~1310kg)

最小回転半径 5.2m

5.2m

タイヤサイズ 195/55R16

185/65R15

ノートe-POWER NISMOは、ノーマルのノートe-POWERと比べて、車両重量に微妙な差があることがわかります。ノートe-POWER NISMOは、より高速で安定した操縦性能を実現させるために、ボディ剛性が強化されています。

ハンマーカール(トレーニング)

一般的に、ただボディを補強したのでは、単純に重量が増大してしまいますが、ノートe-POWER NISMOでは、最適な重量バランスを実現しつつ、ノーマルよりも高い剛性を備えていますから、コーナでより高速で安定した走行が可能になるでしょう。また16インチを装備したタイヤは、安定したグリップ性能と省燃費性能を両立した、YOKOHAMA製DNA S.driveが搭載されています。そしてなによりも、空力エアロを装備したNISMOらしい、とんがったデザインのフォルムが”走り”のe-POWERを予感させます。

スポンサードリンク

【日産・ノートe-POWER】NISMOスペック/エンジン性能及びモーター性能

項目 ノートe-POWER NISMO

2WDのみ

ノートe-POWER 2WD

(4WD)

エンジン型式&種類

・シリンダ数

HR12DE

DOHC水冷直列3気筒

HR12DE

DOHC水冷直列3気筒

総排気量 1.198L 1.198L
圧縮比 12.0 12.0
最高出力 79馬力(5400回転) 79馬力(5400回転)
最大トルク 103N・m

(3600-5200回転)

103N・m

(3600-5200回転)

フロントモーター

定格出力

95馬力 95馬力
フロントモーター

最高出力

109馬力

(3008-10000回転)

109馬力

(3008-10000回転)

フロントモーター

最大トルク

254N・m

(0-3008回転)

254N・m

(0-3008回転)

(リアモーター)

(最大出力)

(4.8馬力)

(4000回転)

(リアモーター)

(最大トルク)

15N・m

(1200回転)

ガソリンタンク容量 41L 35L

エンジンとモーター比較表から分かるように、ノートe-POWER NISMOの中身は、ノーマルのe-POWERと変わらないことがわかります。これは、もともとのノートe-POWERが持つトルクと馬力性能のポテンシャルが高いことを意味していると言えるでしょう。ノートe-POWER NISMOは、最大限にパワーとトルクを活かすため、ボディ剛性の強化と重量配分、そして専用のVCM(ヴィークル・コントロール・モジュール)が搭載され、Sモードでの加速感向上と、急激なバッテリー残量の減少抑制の両立を実現しています。また、回生ブレーキの特性変更により、スポーツドライビングとしての”楽しめるワンペダル走行”を実現しています。

【日産・ノートe-POWER】は100%電気自動車?

ところで、NISMO仕様も含めて、ガソリンエンジンを搭載しているノートe-POWERは、その駆動系の中身は100%電気自動車そのものです。トヨタのプリウスやアクアに見られるハイブリッド自動車では、その走行特性の主役はガソリンエンジンで、電気モーターはガソリンエンジンをサポートする役目を担っています。

秋葉原電波会館の中

つまり、ノートe-POWERは、ガソリンエンジンはあくまでもモーターを動かす電気を発電するためだけに働き、走る動力の主役は電気モータが行います。また、ガソリンエンジンによって発電された電気は、リチウムイオン電池へと蓄えられます。この構造の違いこそが、2Lターボ車並みの強力な加速力を、ゼロからアクセルオンで、一気にもたらしてくれるのです。

【日産・ノートe-POWER】NISMOまとめ

ノートe-POWER NISMOは、もともと高い加速性能を持ったノーマルのノートe-POWERをベースに、最適な重量配分を実現しつつもボディ剛性を高めて、タイヤ、サスペンションの足回りを、トータルでNISMO仕様へと、専用チューニングを施したエンジン搭載型の電気自動車です。より高速なコーナー走行を楽しむことができるノートe-POWERへと仕上がっています。

さらに、NISMOの熱い走りをアピールしたツートンカラーの空力エアロに身を包んだフォルムで、”走る楽しみ”と”エコカー”の側面を両立した、今の時代背景にドストライクなコンセプトを背負っています。プリウスやアクアが優秀な家電のようなクルマだとしたら、ノートe-POWERは、クルマ本来の本能的な加速力が備わってクルマでしょう。ノートe-POWER NISMOは、さらにその本能を覚醒させてくれるクルマに仕上がっています。

「やっちゃえ日産」の言葉を放つ、歌手の矢沢永吉さんのテレビCMが、今日の日産の大進撃を物語っているようです。かつては”技術の日産”と言われた、自動車メーカー日産の技術と、クルマへのトキメキをもたらしたアイディアが一つになって生まれたe-POWERシリーズ。これまでのハイブリッドのような、単なるモーターとエンジンの融合という枠を超えて、電気モーターを主役とした、ハイブリッド型電気自動車の快進撃は、ますます加速しそうな勢いです。

【欲しい新車】値引額から50万円安く買う方法

新車は、毎年の厳しい規制に適合しなければ売り出せません。ですから、自動車メーカーの必死な努力で、古い車よりも新車の方が低燃費で、維持費や税金が安くなる傾向にあります。

でも、いざ新車を求めてディーラに行くと…

・思っていたより値段が高い

・頭金が無い

・ボーナス払いは不可能

・どこのディーラーも同じかも?

・セールスマンの強烈な売り込みは嫌い

・とにかく安く買いたい

・苦手な値引き交渉

悩みばかりです。ネット検索しても、確かな購入費用はわかりません。

家族の相談も気が引けます。

新車を安く買う答えは、

下取りよりも買取りです!

下取りは必ず無料一括査定サイトで!

クルマを安く買うには、

下取りは必ず無料一括査定サイトを利用しましょう。

ディーラーで30万円の下取り車が、買い取り業者で80万円になることも多くあります。

一括査定サイトを利用すると、大手下取り会社の最大10社が、あなたのクルマで価格競争をします。

だから、あなたのクルマ価格が上がるのです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする